ビジネスシーンにおいて、名刺交換は初対面となる相手に対して必ず行われるものです。名刺とは、相手に自分や自社の名前を覚えてもらうことを目的としています。このため、相手に良い印象が残るデザインの名刺を持つことにはメリットがあります。平凡なデザインは落ち着いた印象を与えますが、強い印象を与えない場合があります。インパクトのあるデザイン名刺を渡すことにより、相手には印象が強く残り、次へつながる可能性が生まれます。それをきっかけに話が弾むことになったり、自分や自社を覚えてもらえたりすることもあるのです。名刺交換する際の印象によって、今後の取引を左右することさえあります。良い印象を与えるデザイン名刺は、人生を大きく変えるアイテムとなるでしょう。

重要な情報を生かす名刺のレイアウト

名刺は、小さいその紙面でデザインやレイアウトをよく考えて作る必要があります。目立つデザインが良いというわけではありません。文字が読みやすく、必要な情報をすぐに把握できるようなものほど、好印象を与えるでしょう。ビジネスシーンで用いる場合、会社名、氏名、連絡先、メールアドレスやSNSアカウントなどを記載することはポイントです。読みやすさは大切であり、字間や行間などに適度にスペースを設けると、重要な情報が生かされます。また、自分や自社のイメージを崩さないようなものにする必要があります。特に、ロゴマークやコーポレートカラーをとり入れたりすること、職種と関係のあるデザインであること、また、紙の質などにこだわったりすることは相手の印象にしっかりと残ることでしょう。デザイン名刺は次へ繋ぐ可能性となるに違いありません。

受け取った相手がどのような印象を抱くかに気を配る

一般的に名刺は白地に黒文字のシンプルなデザインが多いのですが、これを縦書きや横書きにするだけでもイメージはガラッと変わります。さらにフォント選択でもイメージが変化します。特に相手に伝えるべきポイント、伝えたい内容によりフォントを変える方法もあります。その際は必要な文字やロゴが引き立たたせるためバランスが重要です。また、色を効果的に利用してイメージを印象付ける方法もあります。例えば、赤系は愛情、青系は信頼など色の力でイメージを印象付ける工夫は、相手の心を惹きつけることとなります。名刺を作成する際は、素材や色やフォント、記載する情報など、細かい部分に目を通し工夫を重ね、受け取った相手がどのような印象を抱くか気を配ることがとても大切といえるでしょう。