名刺は、取引先や顧客に対して自分を売り込んだり、紹介したりする時に便利な道具です。その為、名刺のデザインに拘る事によって、相手に覚えてもらえる可能性を広げられます。インパクトが強い名刺を作りたい場合、安価で制作を請け負ってくれる業者探しが重要になってきます。近年では、従来の名刺の形やサイズ以外でも、色々な形やサイズを実現するデザイン名刺制作を行っている業者がありますので、インパクトを重視するのであれば、そのような制作会社を利用するのが有効でしょう。個性を引き出すには、企業や個人の性格や業務のコンセプト、ブランドがあれば、そのブランドイメージを想像出来るようなデザインを考えていく事が必要になってきます。その為、名刺のデザインを考える時には、相手が印象を抱きやすいように工夫しなければいけません。

名刺のデザインで重視するべきポイント

デザイン名刺を制作する時には、相手にどのようにしてインパクトを与えるのかを考える必要があります。企業イメージやブランドイメージを想像出来るようなデザインにするには、それらのイメージが持つカラーを名刺に採用すると良いでしょう。多くの企業が企業やブランドのイメージカラーを持っており、名刺にオリジナリティを出すには、名刺のカラーリングを企業やブランドのイメージカラーで染めるというのは比較的導入しやすいです。また、素材を一般的な名刺に使われている紙から他の素材を採用してみるのも効果的です。プラスチック素材を採用したり、和紙を採用したりというように、素材を変える事でオリジナリティを引き出しやすくなります。インパクトがある名刺作りは、時には長方形という従来の概念を覆して、円形にしたり、三角にしたりするのも有効な手段です。

印刷要素のバランスを考慮して制作する

デザイン名刺は、一般的な名刺と同様に、企業名や担当者名、その担当者が所属している部署や連絡先などを印刷しています。デザインを重視している名刺では、これらの要素のバランスが極めて重要になってきます。フォントの大きさや文字色、要素の配置の仕方などがアンバランスであれば、優れたデザインの名刺であっても、全体的なバランスが崩れる事になります。その為、名刺のデザインに応じて、要素のバランスを調整していく事が大切です。名刺のデザインは、相手に様々なインパクトを与える手段として有効ですが、印刷において色味が変わってしまう事が多々あります。そのような事を出来るだけ避ける為には、技術力がある業者との綿密な打ち合わせをして、依頼者がイメージする名刺へと近づけていく必要があるでしょう。